鹿沼ブランド

かぬまの魅力を全国に


概要

かぬまブランドとは市民を交えたブランド審議会で慎重に審査された商品を、全国及び世界へPRすることで、鹿沼市の知名度とイメージ向上を図っているブランドです。 


依頼

“毎年PRの一環として出していたパンフレットの制作を依頼しました。今までも多くの方に読んで頂いていましたが、今後さらに全国区の知名度を向上させるため、ターゲットを都内30~40代の女性に絞ったパンフレットの制作をお願いしました。そのほか「Meet Kanuma」のコンセプトに合わせて、のぼりやショッピングバック、イベント用テーブルクロス等も制作して頂きました。” 


提案

パンフレット

商品自体の魅力や素材の良さに目がいくよう、FDでは各掲載店に取材・撮影を行いシズル感のあるパンフレットを制作しました。パンフレットとしての見やすさのみならず、商品を掲載するお店側のご要望も反映し、各商品の良さが最大限引き出された写真を使用しました。表紙にも色や形が様々な商品を並べたことで、思わず手に取りたくなるパンフレットに仕上げました。

また「統一銘菓 泣き相撲シリーズ」のように伝統行事との繋がりを持つ商品を通して鹿沼市により興味を持って貰えるよう、巻末には市の観光情報も掲載しました。

 

ロゴ・ショッピングバッグ・のぼり等

今回パンフレットを制作するにあたり、新たに「Meet Kanuma」のコンセプトを掲げました。そのコンセプトに合わせ、イベント出展時に手軽に渡せる食べ物の商品のみを掲載した小さめの冊子の制作や、ショッピングバッグ・のぼり・イベント用テーブルクロス等を制作。全体に統一感がでるよう、鹿沼市の名産物である「いちご」を用いたイラストを制作し、各グッズに使用しました。

 


効果・反響

好評につき例年を超える重版の仕上がりなりました。また、各掲載店への商品のお問い合わせも増えました。今後さらなる鹿沼市のイメージアップに向け、担当者と二人三脚で取り組んで行く予定です。

 

Schedule

  • 制作期間:2019年12月-2020年3月

Category

  • ・パンフレット
  • ・冊子、ショッピングバッグ、のぼり等

Project Member

  • Art Directions:井出めぐみ/齋藤修一