Patisserie Merci クリスマス広告

2013年より店舗のブランディングに携わっている宇都宮市砥上のパティスリー メルシーさん。
今年もクリスマス販促のグラフィックデザインを担当しました。

今年の看板商品「マカロンツリー」を中心に据えて、カラフルなマカロンとパウダーシュガーの雪が降り注ぐ、メルシーの森をイメージしたメインビジュアルを作成しました。

切り株のようなプレートを重ね、実際の食材や植物と、イラストの動物や木々を重ね合わせることで、アニメのようなかわいらしい世界観で、メルシーらしいクリスマスを表現しています。

撮影も毎年楽しみながらワイワイやっています。今年はマカロンを空中に吊って、もみの枝や苔を使ってジオラマのようなセットを作り込んでの撮影でした。

クリスマスもただかわいいチラシをつくるのではなく、販促戦略を立てて取り組んでいます。「販売数量増加」「客層のシフト」「商品ごとの注文数の平均化」「早期注文数増加」など毎年の状況に応じてKPIを設定してデザインの表現方法を検討し、結果をフィードバックしながら翌年の改善につなげます。

ターゲット戦略にもひと工夫。一般にクリスマスの広告は、子どものためのクリスマスを意識しすぎるあまり子どもっぽいデザインになることがありますが、実際に購入店を決定するのは子どもの親。子どもがどんなに「欲しい!」と食いついても、親が「教育上こういったものには触れさせたくない」と思ってしまってはリーチできません。
つまり、親に向けて、自分の子どもに「この世界観を体験させたい」と思わせることこそが今回の広告におけるデザインの役割であり、そのための様々な工夫が込められています。

今年も目標を上回る成果を達成してひと安心。
また、来年のネタ作りに励みます!

http://www.okashinokobo-merci.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Patisserie Merci(パティスリーメルシー)

栃木県宇都宮市砥上町795-4
TEL:028-649-0607
営業時間9:00~18:00
不定休
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Sales Promotion Direction : 鈴木裕也/FRONT DESIGN
Graphic Design : 齋藤修一・菅野千穂/FRONT DESIGN
Photograph : 齋藤修一/FRONT DESIGN